孫に食べさせたい食材作り


by eainomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今日の果樹たち

昨日今日と暑い日でした。
梨の摘果、袋掛けに追われていますが、心弾まない梨の実の状況です。
袋掛けの賃金は時間制ならば750円。袋数でいくなら1枚当たり1円60銭ですから、1時間あたり469枚かけるのが標準といえます。
しかし今年はあるべき所に梨の実がなっていないので、探すのに一苦労。梨の実が少ない分 葉がしげり、ますます探すのに時間がかかります。
まえたさんは、この時間節約のため、摘果と同時に袋掛けをしてしまうという新技術を開発されました。まえたさんの園の状況をうかがい知ることが出来るようです。
私の園はそこまでひどくはないものの、どの実を残そうかと迷うこともなく、付いている実は変形などには目をつむり、残しています。

おさ20世紀梨は交配不必要の梨ですが私は畑を10日、山を17日に交配しました。いつもの年に比べておとるものの まあまあものになりそうです。
普通の20世紀梨はとてもばらつきが激しく、14日の午前中にしたものは先ずまず。17日にしたものはたまに大きいものものもありますが、おおむね小玉になりそうです。

2回目を18日にまわった5本の木は良好のようです。
又今年伐採しようとして仕切れていなかった木が数本あり、花粉が残っていたので18日に交配器でなぜて回ったのですが いい加減な付け方だったのにもかかわらず、小さいながら(無剪定なので)たくさんの実が付いていました。
腰にぶら下げていた温度計が17日は16度が最高。18日は20度以上になりました。
このことから17日の気温は交配できるぎりぎりの温度だったのだと伺えます。
むしろ1日待って18日に行ったほうが我が家の場合良い交配ができたのだと言えるようです。

交配の悪さも気落ちしますが、山の果樹園にまたまた鹿が訪れ、枝を折り新芽を食べているようです。
下の映像は畑のおさゴールド20世紀梨の 鹿の食害でまるぼうずになっていた枝に新芽がふいた様子です。新芽はまだかなり赤みを帯びています。
山の果樹園ではこの新芽を再び食べに来たもののようです。
d0146991_2232478.jpg

気落ちすることばかりでは不健康になりますので、明るいお知らせも♪
林檎は順調です。摘果のまだ終わっていないものの様子です。
梨の実より大きくなっていますよ。(この時期は例年そうなのですが)
d0146991_22412332.jpg

おまけに桃の様子もお見せしましょう。
桃はこれから実ぶるいしますので、大きい実だけが残るのではないでしょうか?
いつもの年は花の時間引きをするのですが、今年は横着をしてやっていません。
実ぶるいしてから摘果するつもりでいます(^_^;)
d0146991_2249598.jpg

by eainomi | 2010-05-17 22:46 | 果実