孫に食べさせたい食材作り


by eainomi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

鳥獣害 その後

監視カメラが山の果樹園に入って1週間
その間毎日のようにあちらを防げば別の場所の網を破る、トタンを踏みおろす、
まさにいたちごっこ
この間だけで2万円近くの出費

日曜日にやっと荒らされた跡がなく一安心。
今日カメラを見せていただきました
移っていたのはなんと大きな角の雄鹿ほかには何も映っていませんでした。

鹿は下草を食べたり上を向いて何かしている…たぶんこうやって梨の袋を落としていたようです。
中身を食べたのはアナグマかもしれないあるいは小さいイノシシの可能性もあるけれど、カメラの設定がかなり上の位置だったため映らなかったのかもしれないとのこと。

園の外の草は鹿に食べ尽くされ、好きではない茅やワラビや茨しか残っていないので、柵を破って入ってきているのだろうとの見解でした。

ともあれ一安心ーーーーーいやー
現実はそんなあまいもんじゃない!!!
ワイヤーメッシュと漁網でぐるりと囲っている田んぼの中の自家用果樹園
しかも隣の田んぼも含めて広範囲を電柵で囲っているはずなのに
なんと今度はイノシシが突入
隣のうちの田んぼの電線の位置が少し高かすぎたみたいで(鹿用に4段張りしてありましたが)そこから入って田んぼを横切りワイヤーメッシュの継ぎ目をこじ開け、あるいは持ち上げて進入
たくさんのリンゴと桃を落として食べていました。

さてどうするか。
不在の隣の田んぼの人には断りして低い位置に電線を引いてみました。
壊された柵の修復には時間がかかるのでとりあえず どんな動物にも効果があるというセンブリと唐辛子をしみこませたネットを張っておきました。
ネットの効果を確かめるためにも。

個体数を減らさなくてはどうしようもないかも。
そんなこんなでこの暑い中、仁義なき戦いに奮闘しています。
by eainomi | 2013-07-10 23:57 | 農村の暮らし